新着情報

2019.04.14 更新 【アルバム】「2018年度埼玉県中央発表会」を追加しました

2019.04.13 更新 【演劇部ギャラリー】「2019年度春の上演作品」「2019年度秋の上演作品」を追加しました

2019.04.13. 更新 平成31(令和元)年度 活動と上演の記録

演劇部 活動実績

演劇部 活動実績

H31(令和元)年度 活動と上演の記録

||||||||||||||||

春の上演作品:「交番へ行こう」 作:大垣ヤスシ(既成)/潤色:草南演劇部

story:道案内をしたり小学生の面倒を見たり女子高生の二人乗りを注意したり、曲師町交番の名物お巡りさんたちは今日も大忙し。そんな中、万引き少女を捕まえたスーパーの店長が現れて……。
高校演劇界の旗手大垣ヤスシが放つスラップスティック・コメディの決定版。

||||||||||||||||

 3月26日 合同自主公演 2019 spring(with草加、草加東、越ケ谷)@草加市中央公民館

 4月28日 東部南地区春季演劇祭(三郷演劇祭) @三郷市文化会館小ホール

||||||||||||||||
秋の上演作品:「DOKUSAISHA」作:郷原 玲(既成)/潤色:草南演劇部
story: 茶部林太郎は平凡な気のいい青年。ガダルカナルでの激戦から奇跡的に生還したもの怪我の後遺症で記憶喪失に。自分が何者か判らないのに、周囲の人々は林太郎を見てはぎょっとする。それもそのはず、林太郎は「至尊の存在」と瓜二つの容貌を持っていたのだった……。

「話半分」のスピンオフ? あの”郷原ワールド”が、再び。

||||||||||||||||

 8月28日 三校合同自主公演 2019 summer ( with 宮代、松伏)@松伏町公民館田園ホール エローラ

 9月20日 東部南地区発表会 @三郷市鷹野文化センター

 11月4日 高校演劇fair inそうか @草加市中央公民館

|||||||||||||||

学校行事でのパフォーマンス

 4月 新入生歓迎会部活動紹介 「外郎売」

 5月 体育祭 部活動対抗リレー(パフォーマンス部門)「西遊記」

 9月 蒼穹祭 中庭パフォーマンス「ルパン三世」

 2月 予餞会 演劇部パフォーマンス
          チョー新宿⇒ドリフのヒゲダンス⇒早口言葉ショー⇒音楽パフォーマンス♪「ちっぽけな勇気」by Fanky Monkey Baby

|||||||||||||||

校外活動

    6月 農工お~ぷん11(秩父農工科学高校演劇部主催) 参加

   10月 草加市新里文化センター祭 「ルパン三世」上演
   
   12月 四部合同発表会 (with 吹奏楽部、軽音楽部、料理部) @草加市谷塚文化センター  

コント集「チョー新宿」「替え歌コーナー」「不動産」「天使と悪魔と小柳と」「パペットマペット」「勝手にしやがれ」「謹慎ですか!?」

演劇部日誌 Ⅰ

演劇部日誌by 部員

星 農工お~ぷん11に参加しました!

6月1日、2日と、秩父農工科学高校主催 お~ぷん11に参加してきました。


これは秩父農工科学高校演劇部(略して秩農さん)の主催による一種の演劇祭ともいえるイベントで、県内から演劇部やOBや演劇集団が集い、上演や研修に励むものです。
毎年、100名を超える参加者で賑わいつつ、決して内輪だけで楽しむものに終わらず、観客を楽しませる工夫が随所にある、本当の意味で「お~ぷん」なイベントです。
昨年に引き続き、今年もほぼ全員で参加してきました。以下に、参加者を代表して2名の部員の感想を掲載します。
★★★   ★★★   ★★★   ★★★   ★★★

今回秩父農工科学高校おーぷん11に参加させて頂いて、コミュニティの輪が広がり演劇において学ぶことがたくさんありました。アドリブの劇や劇王では自分の見せ方や話の流れを意識することを学ぶことができ、昨年と比べ自分から話を進めようとすることができました。そして同じ役でも人によって言い方や姿勢、相手との接し方がかなり違うと改めて気づくことが出来たので、これからの自分の役や草南の劇に生かしていきたいと思います。最後に小池先生が仰っていたとおり、このおーぷんではコミュニティの幅を広げることも目的としているので、積極的に話しかけ色んな方と関わることが出来たので、すごく充実した2日間を過ごせたと思います。さらに成長し、是非来年も参加させて頂きたいと思います。
(2年 あしたば)

 とても充実した二日間だったと思います。一日目の感想として、セッション大会を取り上げたいと思います。セッション大会では一年も気軽に参加することができ、個性的でとても面白い演技、学び活かせる部分が多くありました。これからの劇で活かせるように努力したいとおもいます。二日目ではお楽しみ研修会での自分たちで一から劇を作るということで少し緊張しましたが、楽しく行うことができました。そのほかの劇王、オムニバスも見ていてとても楽しかったです。特に、オムニバスでは目を引くような演技や、やってみたいと思えるような劇が多かったと感じています。秩農さんの現役部員による上演「第七班」の大道具は中でもひときわ記憶に残っています。 この二日間を終え学び活かせることが多かったと思います。二日間お世話になった農工演劇部の顧問の先生、部員の方々、本当にありがとうございました!

(1年 現場)

2018年度埼玉県中央発表会「花まぼろし」
2017年度埼玉県中央発表会「話半分」
2016年度埼玉県中央発表会「想稿・銀河鉄道の夜」
過去の上演作品

演劇部ギャラリー