お知らせ
英語部 Winter Cup参加!

2月14日(日)、さいたま市立浦和高校にて、第8回関東ウィンターカップ高校生英語ディベート大会が行われ、本校英語部が参加をしました。
論題は"EU should accept more refugees"(EUはより多くの難民を受け入れるべきである)。

この大会は、埼玉県だけでなく、長野県、群馬県、千葉県、茨城県、栃木県、東京都からも強豪校が参加するレベルの高い大会です。
その中で、本校英語部は4試合中1勝3敗と悔しい結果に終わってしまいましたが、千葉県の松戸国際高校に勝利することができました。

参加者は
2年生:垣内来香さん、オフォリファリダさん
1年生:垣内栄治くん、兼国浩美さん、上野真由さん
です。

次の大会に向けてまた練習に励んでいきます!

お知らせ  英語部 ディベート大会出場
☆英語部 大会報告☆

10/31(土)、さいたま市立浦和高校にて、第10回埼玉いなほカップ高校生英語ディベートコンテストが行われました。

"Japan should contribute more actively to the United Nations Peacekeeping Operations by relaxing its restrictions for the Self-Defense Forces."
「日本国は、自衛隊の参加制限を緩和し、国際連合の平和維持活動により積極的に貢献すべきである。是か非か。」
という難しい論題のもと、数カ月間、情報収集、英語での核となるスピーチ作成、反論や防御、まとめのスピーチ作成などに、準備を重ねてきました。

参加は14校20チームで、4試合戦いました。
草加南は岩槻高校には勝利し、優勝候補の市立浦和高校と伊奈学園Aチーム、伊奈学園Bチームには負けてしまいましたが、いい戦いができました。
次に向けてまた練習に励んでいきます!

参加者は、
2年生:オフォリファリダさん、カプリアジェイドイライカさん、小寺美優さん、小林公美子さん、
1年生:カプリアイアンジェイソンさん、上野真由さんです。

 
 
 
日誌

活動報告

Novice Cupで2勝!

6月6日(土)埼玉県立大宮高校にて
第2回 春季高校生英語ディベート新人大会 Novice Cup
が行われました。

千葉県や長野県など、県外の強豪校も参加し、白熱した大会となりました。

Japan should lower the age of adulthood to 18.
「日本は法的な成人年齢を18歳に引き下げるべきである」
という難しい論題のもと、英語でディベート(議論)を行いました。

第1試合:対混合チーム 敗戦
第2試合:対不動岡高校 勝利!
第3試合:対伊奈学園高校 敗戦
第4試合:対翔凛高校(千葉県) 勝利!







大会参加者は
3年生:田辺咲絢さん、松崎映美さん
2年生:オフォリファリダさん、カプリアジェイドイライカさん、小寺美優さん、小林公美子さん、李しんしんさん
1年生:兼国浩美さん、カプリアイアンジェイソンさん、半田芽生さん、上野真由さんです。

次は夏のSummer Cup!
大会に向けてまた頑張っていきます。
0
英語ディベート ウィンターカップに出場しました
2014年2月2日(日) 第6回 関東高校生英語ディベート大会 ウィンターカップ2014に参加をしました。
 
英語ディベートとは、与えられた論題に対して、賛成側と反対側に分かれてあらかじめ議論を英語で作成し、英語で議論をするものです。
今回の論題は
"Japan should drastically reduce the amount of non-renewable energy used in electricity production."
「日本は電力発電で使用される枯渇性エネルギーを大幅に削減すべきである。是か非か。」
という難しいものでした。
数ヶ月間かけてインターネットや本で勉強し、情報を集め、英語の議論を作成し、英語で議論する練習を重ねました。
 
本大会は、埼玉県の高校だけでなく、長野県、茨城県、千葉県、栃木県、神奈川県、東京都からもレベルの高い高校が参加し、40チームで行われました。
 
草加南チームは1年生が中心のメンバーで戦い、1勝3敗で40チーム中27位という結果でしたが、神奈川県の超進学校:栄光学園に勝利することができました!!
 
また次の大会に向かって、英語力を鍛えているところです。

お知らせ
英語ディベート研修会に参加してきました。

7月25日(金)、さいたま市立浦和高校にて、英語ディベート研修会が行われました。
県外の高校も含め、10校程度が参加。
本校英語部生徒も、他校の生徒と一緒に英語のスピーキング・リスニングの練習をしてきました。

その場で与えられたテーマについて自分の主張をメモし、それを相手に英語で伝え、質問をし合い、反論をし合うという練習など、レベルの高い新しい練習でした。
初めての経験であるため、とても緊張したとともに、なかなかうまくいかなかったようですが、とても刺激を受けて帰ってきました。




その後、夏休みの練習でも研修会で学んだ新しい練習法を取り入れて英語力を鍛えています!

また、9月15日(月)に英語ディベートの大会があるため、それに向けて情報収集、英語のスピーチ作成、スピーキング・リスニングの練習に励んでいます!
テーマは"The Japanese government should abolish nuclear power plants."
(日本政府は原子力発電所を廃止すべきである。是か否か)です。
とても難しいテーマですが、頑張って格闘中です。
さいたまサマーカップ2011(英語ディベート大会)へ参加して
《さいたまサマーカップ2011》が開催
 2011年8月25日(木)、伊奈学園総合高校において《さいたまサマーカップ2011》が開催されました。

 今回は、夏休みの一つの目標として、通常の練習会を大会形式で行ってみたとのことですが、強豪校ひしめく中、本校ディベートチームが、以下のような成績を収めることができました。 

優 勝 浦和第一女子高校A
準優勝 浦和第一女子高校B 

[予選の成績]

1 浦和第一女子高校A    2 浦和第一女子高校B

3 県立浦和高校        4 草加南高校

5 和光国際高校A      6 千葉市立稲毛高校A

7 千葉市立稲毛高校B   7 大宮高校B

7 不動岡高校B      10 和光国際高校B

11 大宮高校A       12 蕨高校A

13 不動岡高校A      13 蕨高校B

15 坂戸高校         16 浦和西高校

17 鴻巣高校         18 南稜高校

 このような経験を通して、ノウハウを蓄積していきながら、ウィンターカップもがんばりたいと感じました。