ブログ

校長室だより

オンライン授業力の向上について

 本校では、2学期当初より9月末までの間、双方向型オンライン授業を実施しました。オンライン授業の状況等を把握し、今後の授業力向上につなげることを目的に、アンケートを実施しました。結果概要(小数点以下略)は、以下の通りです。 

Q 家庭で使用した端末は?                                                              A スマートフォン:78%   タブレットまたはPC:21%  

Q 対面授業とオンライン授業、どちらが集中できましたか?                                                              A 対面授業:41%      オンライン授業:17%     変わらない:43%

Q どちらの授業がわかりやすかったですか?                                                   A 対面授業:48%      オンライン授業:6%      変わらない:46%

Q オンライン授業で困ったことは?                                                                        A 問題なかった:39%    板書が見にくかった:40%      充電が切れてしまう:37%                              通信状態が不安定:19%    先生の声が聞き取りにくい:11%   通信容量の消耗:4%

自由記述欄の主なコメントは                                                                               ・オンラインと対面が交互にあり、毎日教科書を運ぶのが大変だった。                                                 ・オンラインの人たちも発表などして、授業に参加できて良かったです。                                            ・板書が映っているかを確認しながら進めてくれる先生もいたので、不安なく受けられました。                                                           ・スクリーンショットで大事なところや書ききれないところを確認できました。                                                               ・プロジェクタースクリーンをそのまま映すと、画面が薄暗く見えづらいことがあった。                                                                         ・スライドとして画面共有すると、画面いっぱいにして見やすいので良かった。                                                                            ・備え付けのカメラでなく、よいカメラを使うとよい。                                                                                  ・6限が終わった後、集中したまま勉強に取り組めました。                                                                                             ・登下校の時間負担がないので、朝の余裕があるし、感染不安もなかった。 

 コロナ感染第6波のほか、台風や地震などの災害等も懸念されるなか、いつまたオンライン授業が必要になるかわかりません。アンケートの結果を参考にできるところから改善してまいります。ご協力ありがとうございました。