ブログ

校長室だより

蒼穹祭を終えて

 本日、第45回蒼穹祭を大成功裏に終えることができました。同時に2学期激動のスタートを、半ば乗り越えることができたと感じています。草南の全生徒・保護者様・教職員、関係各位の皆様にご協力いただいたお陰です。あらためまして、深く感謝申し上げます。ありがとうございました。 

 この夏の感染拡大により緊急事態宣言が延長されたことに伴い、本校でも多くの変更をせざるを得ませんでした。まず、蒼穹祭の中学3年生の公開に続き、保護者様への公開を断念いたしました。本校生徒のエネルギーを皆さんにご披露できず、大変残念な思いです。このような中、職員から「草南生のエネルギーを中学生、保護者の皆様へ」の声があがり、文化祭終了後の午後に文化祭会場そのままに「学校説明会」を計画しました。また、生徒会の働きもありスマホ使用を一定の条件で緩和し、保護者様に写真画像で蒼穹祭の空気を感じていただく措置をとることができました。 

 文化祭の企画運営は素晴らしいものでした。飲食や発声を伴う企画や密閉や照明不足の空間は禁止です。多くの制約のなか、各クラス、部活動、有志団体が新しい発想と前向きな姿勢で一致団結し、工夫を凝らし自分たちのエネルギーを表現しました。バラエティに富むパフォーマンスが、蒼穹祭の伝統に新たな1ページを飾る特別な文化祭になりました。企画の段階から本日に至るまで、様々な変化にポジティブに対応する生徒の活動を見てきた私たち教職員にとっても、感動的な文化祭でした。 

 また、「時差登校」「分散・オンライン授業」の指示もありました。「時差登校」はメール配信とHPにてお知らせし、初日の始業式から大きな混乱なく実施することができました。

 文化祭準備と並行し、先生方にはオンライン授業の準備を進めていただいています。Google Classroomを活用し、文化祭明けの来週からハイブリット授業を提供できる予定です。最初はうまくいかない部分もあるかもしれませんが、できるところから改善していきます。引き続き、ご理解ご協力いただきますようお願いいたします。

 ほかにも、各部活動が大会出場に向け、感染対策を徹底し準備をしています。目前に控えた、就職試験、推薦入試に備え、面接・小論文指導・出願書類の作成を進めています。 

 本校は、昨年度から体育祭も文化祭も修学旅行も国内宿泊語学研修も、何とか実施してまいりました。感染拡大防止を生徒、保護者、教職員で共有し、様々な変化を加えながら対応する。「どうすればできるか…」という思いを形にする。文化祭を終え、これも「草加南の力」のひとつだと実感いたしました。