国際理解教育 講演会などの様子

国際理解教育(JICA出前講座)の講演について

 3月16日(月)に予定していました国際理解教育・JICA出前講座ですが、新型コロナウィルスの影響に伴う臨時休校により中止となりました。

 当日講演していただく予定だった講師の田中信行様(元青年海外協力隊)には、本校生徒のために入念なご準備をしていただいておりました。講演の内容を簡単ではありますが、ご紹介いたします。

 

 野球一筋だった田中様が国際協力に目覚めたのは、高校3年生の時です。あるテレビ番組でガーナの現状を知り、その時、「将来アフリカのために働きたい」という夢を持ちました。この夢を実現するため、国際協力学べる大学へ進学しました。
 さらに、「どうしたらアフリカで働けるか?」情報収集を行い、大学教授など専門家のもとにも訪ね、アドバイスをもらいました。
 「アフリカでの国際協力」というキャリアを実現させるために必要なこと、それは、「専門性」「語学力」「経験」「タフさ」だ、と田中様は強調しています。そして、何よりも社会に出るときの「ファーストキャリア」も重要とのことです。
「社会に出た時、自分がどんな経験を積んでいくのか?」という長期的な視点を持って自分の将来を考えていくこと、それはどんな道に進むにも大切なことでもあります。
 折角の機会です。今、この時期に自分の進路についてじっくり考えてみましょう。

 田中様からは、当日の講演の詳しい内容と生徒たちへのメッセージを記した「国際協力への道」、国際協力に関する冊子「国際協力キャリアガイド」(写真参照)をいただきました。これらは、進路指導室前、英語科準備室前、そして図書室に置いておきますので、興味のある生徒は、是非、手に取ってください。