ブログ

一学期始業式 (着任のごあいさつ)

皆さん、おはようございます。最初に自己紹介をします。

 わたくしは、浦和南高校教頭、所沢おおぞら特別支援学校校長経て、今年度から着任しました新校長の川田清隆です。皆さんとともに、草加南高校を盛り上げるために頑張ります。どうぞよろしくお願いします。 

 さて、皆さん進級おめでとうございます。休み中も大きな事故なく、そろって新学期を迎えられたことを大変うれしく思います。一つ上の学年になったことを自覚し、新たな1年の始まりを具体的な目標設定と行動の変容のチャンスにしてください。人は年齢とともに、経験を積み、考え方や行動がヴァージョンアップされていきます。目標の設定も行動の変容も、具体的な言葉にして実践してほしいと思います。 

 3年生は、いよいよ進路決定に向け勝負の一年です。心がけてほしいことを3つお話しします。                                                                  1つめ。最も大事なのは、日々の授業です。受験も面接も、学生の本分である授業の延長上にあります。受験勉強で皆さんが「やらなくては…」と感じている「あの参考書も、この問題集も」すべて教科書が基本です。授業が基本なのです。                                                                          面接は上手に話ができても、高校時代に打ち込んだ実践をしていなければ、PRポイントなしで内容のない面接に終わります。「Q. あなたの苦手克服方法は何ですか」に具体的な答をもつ実践が必要です。ぜひ授業での実践を!                                                    2つめ。自分を信じること。焦りや不安は誰にでもあります。先輩方もみんな同じ道を通ってきました。あなただって大丈夫です。自分を信じてひたむきに頑張ってください。                                                                                         3つめ。最後は体力と気力の勝負。しっかり食べ、きちんと寝る。健康でなければ、あなた本来の力を発揮できません。また、3年生にとって高校生活最後の一年です。コロナの影響は心配されますが、柔軟に対応し、何事にも全力で取り組む先輩の姿を示してほしいと思います。 

 2年生は、将来どんな分野で社会の発展に貢献するのかを考え、方向性を具体的に固めていく時期です。主観的な見方だけでなく、友人や先輩の考え方を参考にしたり、世界情勢や日本がとるべき対処などから、広い視野をもって考えることが大事です。文系理系に囚われすぎたり、将来の就職のしやすさに固執しすぎず、広く自由な発想をもち、自ら学ぶ姿勢を身につけてください。 

 今年はもう一つ。コロナウイルスと交通事故に気を付けてください。感染防止、事故防止の徹底をお願いします。                                        このあと、入学式です。3学年そろって、草加南高校を盛り上げていきましょう。