NEW インターハイ結果報告ナウ

みなさんこんにちは。

先日インターハイ予選が行われました。

我々初戦は『正智深谷高校』です。実力は関東大会県予選優勝校の市立川越高校に惜敗した強豪校です。

最初にあたるか、後にあたるかの違いですお知らせ

試合は序盤から#6のチカのジャンパー(ジャンプシュートの事)が連続で決まり、8-8と良い流れで挑めました。しかし、1Q途中から正智深谷のリバウンドの強さに押し負けはじめ汗・焦る主導権を掴めません汗・焦る

気づけば13-8、15-8と引き離されました。20-8と「ん~」もっと点は取れたはずだったのに!と言う展開となり、苦戦劇場の幕開けです。でも、私はこの試合は焦っていませんでした。

シュートがノーマークで打てている場面がかなり増えていたので、後はそのシュートを決めるだけだったので!

2Qは8-10とロースコアに持っていくことができましたが2点ビハインドです急ぎ

3Qはデフェンスをゾーンに変えました。何とこのゾーンが思った以上に効果テキメン興奮・ヤッター!了解

この3Qで10点差以内になれば4Qで勝負星の展開でした。3Q12-10とPASが初めて2点リードピース

3Q終了時に2本のフリースローが与えられましたキラキラ・・・2本とも外れ10点差のまま4Qへ汗・焦る

4Qは出場して戦えそうな選手をピックアップして、フル回転で挑みましたが、3ポイントのフリースローも1本のみであったり、ノーマーク3ポイントシュートが外れまくりました泣くこれが場数を踏んでいないチームと踏んでいるチームの差でもあった気がしました。衝撃・ガーン

4Qは10-13で点ビハインド!

しかし、数名の1年生も経験させる事ができたりと、前回の県大会とは全然違う敗戦でしたし、何より変わろうとしている選手達が「そこ」に居てくれただけでも上出来です。

関東予選の敗退から、全員で「変化」を本物の変化を求めてひたすら取組んできました。

その中で数名の選手が「捻挫」「肉離れ」等の怪我に襲われましたが、変化を生む時には、何かを失う事もあると、改めて受け止める事ができ、また人生観になりますが、そういった内容の事も選手達に伝える事ができました。

それらを受け止めてでの試合だあったことと、今後もチームの再編成をいい形でお見せできるためにも、日々の練習は「超熱を帯びた内容」となっています晴れにっこり

3年生にとっては残すところ、WC支部予選・県予選が最後の大会となります。

有終の美を飾るためにも、今以上のパフォーマンスができるチーム作りを選手達と一緒に進めていく覚悟です王冠

・・・・・でも負けるのはやはり悔しいっす小雨

追伸

中学3年生の皆さんへ

7月から体験会を皮切りに、高校見学説明会が始まります。

7月の部活動体験会は基本、HPから予約して頂くのですが、もし予約がいっぱいになってしまった場合は、私に直接連絡を下さい。別のルートで参加可能です。

東部支部から初の?公立高校でインターハイ出場を目指したい底の貴女了解そうです貴女ですピースここには夢があります。希望があります。涙があります。えがをがあります。成長が待っています。

強い志を胸に、一緒に強豪校(私学を中心に)を倒してインターハイ、WC、関東大会へ出場しましょう星星星