NEW 東部支部大会決勝リーグ残り2試合ナウ

みなさんこんにちは。(今回は長いので覚悟して読んで下さい)

決勝リーグ初戦で2点差の敗退と、苦い経験というか現実というか?とにかく1敗を喫した第2戦目!

お馴染み『黄色い悪魔』の久喜高校と対戦です。前のチームでは県のベスト4まで駆け上がり、埼玉栄と最後まで勝負がわからない激闘を繰り広げた東部支部県立高校の「勇」キラキラです。

新チームはサイズダウンする分、機動力があり、越谷西高校を20点差位で撃破していますた。

新チームとしてはどこも初顔合わせなので、どうなるか分からない状態で試合に入りました。?!

1Qの開始から序盤はほぼ互角!ところが2Qに入ると、久喜の#4のドライブが3連発決り、8点差とジワジワ点差が開いていきました。まだまだ勝負はこれからって時に、ノーマークレイアップが3本落ち、逆速攻などで一時は15点差位まで離れてしまいました疲れる・フラフラ

3Qも同じ様な展開では困るので、DFシステムを変え挽回を試みました了解そしてそれが功を奏し、4Q途中までに2点差まで追い上げに成功ピース「さぁ~ここから」って場面で、久喜高校の力が発揮され、また6点差へと開き、その辺りから拮抗状態が続きました。しかし私個人的には、「今の段階では飛び道具を使わない限り久喜には勝てないなぁ~」と感じました我慢

そんな思いも抱きながら、9点差で最後のタイムアウト!ここでの指示は『ドライブから外へパンチアウトして3ポイントシュートを狙う事、ドライブが可能であればそのまま2点でもいい』という内容。外へ飛ばすやり方の確認をし送り出しました。まだ追いつける急ぎ誰もが信じて疑いませんでしたお知らせが、現実は!何を考えたのか、ドリブルしながら抜こうという内容となり、「いやいや、違う!移動してスクリーンからだぞ」の声にもパニック汗・焦る(私の頭の中でクレヨンしんちゃんの曲が流れました音楽

完璧なパスミスというものを久しぶりに味わい、更にドリブルから止まれずにバイオレーション汗・焦る汗・焦る万事休すとはこの事でした急ぎ

この2つのミスから4点を取られ、13点差となり48-61で試合終了泣くこれで2敗となりました。

まだまだ弱さを感じる我がチームですが、まだまだ戦えるチームでもあると確証がもてました。

そして最終日、第3戦お知らせ越谷西高校との2敗同士の対決です。3位になるか4位になるかではk新人戦県大会のシード場所が全然変わってしまうので、是が非でも勝利したい試合となりました星

1QPASのイージーショットが決まらず、越西にいきなりの3ポイントシュートを決められました動物

その後0-5とされますが、1つのシュートを皮切りに徐々にPASペースになっていきました。

2Qも気持ちが入っており、越西のエース#7を何とか全員でDFし、タフショットを何度かさせ、ボールカットやパスミスを誘発させる事に成功しました。でも結果的に18点取られました急ぎ2Qは3点リードで折り返し30-24!

正直PASの得点力から考えるとシュートミスが多い前半でした。

3Qは「魔の3Q」となります。ファウルトラブルが発生し汗・焦る主力のセンターを下げなくてはならず。思い切りサイズダウンのちびっこチームになってしまいました禁止ここで越西の猛追が始まり2点差まで追い上げられながら、キャプテンを筆頭に何とか持ちこたえ、相手の凡ミスにも助けられ18-16で2点差プラスで4Qへ入りました。

3Q~4Qにかけては控えの選手達がミスを連発しましたが、反面控えの選手達が奮起して得点も絡んでくれましたピース

そして4Qはお互いのポイントする選手を中心に一歩も引かない攻防となり、12-12の引き分け状態で終了し、結果60-51で見事勝利しましたお祝い

そして3位となり、県大会シードベスト8枠を奪取する事ができました。元々持っていたベスト8シードの枠をWC県予選で越西に持っていかれ、今回奪い返す事ができました興奮・ヤッター!

優勝した昌平高校、第2位の久喜高校、第4位の越谷西高校ありがとうございました。そして県ベスト4シードおめでとうございます。東部支部の強さを県大会でも発揮し合いましょう。

これでこの大会も終わりましたが、各支部の結果を受けて、我々の伸びしろを更に伸ばさなくてはなりませんキラキラ

ベスト8以上で戦うチームになる為にこれからの1カ月半が勝負です。皆様、引き続き応援よろしくお願いしますニヒヒ

さて、ここからは別の話です。

大会最終日の事です。ステージ上で数名の先生方とユーチューブを見ていました。

それは3×3のU18カテゴリーの全国大会です。何と準決勝に久喜高校の3年生達が勝ち上がっているではありませんかキラキラ準決勝の相手「鵠沼高校」(WC出場校)を破り、決勝進出ですお祝い

そして決勝戦、相手は沖縄県代表「糸満高校」

試合はとんでもなく激しく、スキルの高いドライブ、3ポイントシュートの応酬、準備されたセットプレイとステージ上では興奮した大人たちで大変な騒ぎ了解急ぎ

そして同点で終了し延長戦へお知らせどうやら2点先取したチームの勝ちらしく固唾を飲んで視聴しました。

(ちなみに3×3は通常にシュート2点≒1点、3点≒2点です)

お互いの攻撃が続き、久喜ジムラッツのセットプレイが動き出し、そのセットプレイに反応が遅れた糸満高校の選手をしり目に、3ポイントシュート!・・・・・・・・・・まる

決まりましたお祝い祝日本1です。素晴らしい出来事にステージのおじさん達も大喜び喜ぶ・デレキラキラこの東部支部から日本1のチームが生まれました星おめでとうジムラッツ、おめでとうございます早川監督、矢澤アシスタントお祝い

ただ1つ心残りは優勝チームコメントやMVPの選手のコメントに両名へのコメントが無かった事です戸惑う・えっ(本人達にとってはどうでもいい事ですよね)賞金の30万円有意義に!合格本当におめでとうお祝い

本日最後の連絡です。

12月19日(土)に第3回学校説明会が行われます。

私も個別相談として常駐しましうので「成績の事」「部活動の事」「様々な不安」等々お聞きして相談にのれる準備をしておりますのでどしどし来校して下さい。(一応確認で登録制か確認して下さい)もし登録制が終了していても、直接来校して大丈夫です。私が体育館で待っています了解