2018年2月の記事一覧

了解 倍率ナウ

今年も受検生達が、さまざまな思いを胸に、願書提出にやって来ました。
その姿を、授業が忙しくて見ることが出来ませんでしたが、昨年の倍率1.49倍を上回る1.50倍と新聞発表されていました。絵文字:絶望
当初の1.55倍からは下がったものの、草加地区全体ではNo1絵文字:重要
昨年度からの、0.01倍のわずかな上昇ではありますが、上昇。
県全体を見ても高い倍率です。冷静に、なぜここ最近倍率が上昇しているのか?いくら考えてもわかりません。
確かに、学校全体の雰囲気、生徒の元気の良さ、勉強しよう(このレベルでも)の姿勢も伸びていると感じます。でも、それは進学を目指している学校ならばどこも同じ。
何が、中学校や学習塾で草加南高校の評判がいいのか???いくら考えてもわかりませんでした。絵文字:うれし泣き
人気のある事は素晴らしい事ではありますが、逆に「受検して欲しいなぁ~」と思う生徒が他へ「志変」したり、受検しなかったりと、うまくいかない点も起きるもので、何だかとても複雑な気持ちになります。(県立高校のあるある)
何が言いたいかと言うと、「毎年この時期は、ソワソワして落ち着かない」から「嫌だな」って事です。
どの受検生も合格して欲しいのは変わりませんが、必ず落ちる生徒がいるのも変えられない事実(倍率が出ている学校は)早く、無事に終了してほしいです絵文字:マル

最後に受検生へ。
昨年度と0.01しか変わらない倍率です。
予想通り、受検生の多くの学力は「ドングリの背比べ状態でした」
だからこそ勇気を持って受検しましょう。周りの受検生が勉強出来るように見えるのは、勘違いですよ。この9日間が最後の勝負です。ファイト絵文字:お知らせ
春から一緒にバスケットボール三昧するために絵文字:良くできました OK絵文字:笑顔 all is well

NEW 四支部大会ナウ

この週末、四支部大会が行われました。
土曜日の午前中に選抜メンバーの練習が終わった後、PASから選ばれている3名は、13時からの練習に合流し、メンバーよりも少し遅らせた時間の14時から開始しました。
この日は、チームで取り掛かっているDFの意識と、プレッシャーに負けないOF作りの課題に取り組みました。
大分、成果は見えて来ているものの、来週から学期末考査1週間前となり、部活動も朝練習をする位で、かなりの長期間、OFFになります(入試と学期末考査が同時進行なため)
このOFF後が、毎回(私だけでしょうか?女子は忘れてしまうと思っているのは?)結構大変です。絵文字:泣くその為にも、もう少し時間が欲しいのが本音です。
さて、日曜日は四支部大会が上尾運動公園体育館で開催されました。
PASからの使者(ユウカ、マユ、ユミホ)の3名がどれ程チームに貢献できるか?未知数ですが、楽しんでもらえればいい大会です。それでも埼玉カップに繋がる試合ですので、何とか『我』を前面に出した上で楽しんでもらいたいですね。絵文字:うーん 苦笑
第1試合は、南部支部との試合だったそうですが、私は体調不良のため、病院へ検査に行きました。絵文字:泣くインフルエンザでは無かったので、安心して会場へ向かいました。
既に試合は終了し、何と「南部支部に勝った絵文字:重要」との情報がはいりました。「ウッソ~」っと言ってしまいましたが、今回の東部支部は、昌平高校の選手抜きですから、正直勝利は期待していませんでした。絵文字:笑顔でも、勝利絵文字:良くできました OK・・・・・素晴らしい。
そして間に合った女子決勝戦は『西部支部』で出しこそ、離されますが、その後は追いつき、いい感じで試合を進めていました。
後半に入ると、西部支部の3ポイントシュートが『落ちない絵文字:急ぎ絵文字:困った 冷汗
流石選抜にまで選ばれてくる選手たちでした。
逆に、東部の選手たちが放つ3ポイントは、ことごとく外れてしまい万事休す絵文字:雷
結局20点差くらい離されて、第2位(4連覇?3連覇?を逃しました)となりました。
しかしながら、東部選抜の選手達はよく戦いました。みんな仲良く、元気に、四支部の中で一番盛り上がってくれました絵文字:笑顔
私も、1ピリオドの終了時に選手達に紛れて、勝手に盛り上がってしまいました。
本当に、選手の皆さん、スタッフの皆さん、応援の先生方、各チームの応援の生徒達、保護者の皆さん、東部支部はファミリーな応援で、今年も勝敗以上に『楽しい祭典』でした。ご苦労様でした。絵文字:良くできました OK





NEW 2月12日(月)ナウ

12日は1日中草加市民体育祭でした。
が、私はD級コーチライセンス講習会が午前中にあるため、準決勝には行けませんでした。
後で結果を聞いた段階で「行く」「行かない」を決めようと絵文字:笑顔
結果は、54-44の10点差で勝利絵文字:急ぎ
相手は昨年度優勝チーム(e・mgirls)らしく、見たことあるぞ!って選手や、身体的に均整の取れた比較的若いチームでした。(初日に見た印象)
キャプテンから後ほど聞いた試合内容は、キャプテンが『駄目です』と言うほど、「速攻が出ない」「相手にリバウンドを取られている」等の駄目だしでした絵文字:泣く絵文字:雷
試合は練習の様に!、練習は試合の様に!!と言いますが、先々で勝利を掴めないチームの「典型的」な形だったそうです。(顧問がいないと何をしていいのか?チームとして(自分達で)「練習通り」にやる!という形に拘れない)と、思われます。
まだまだアマちゃんな女子高生なんですね。悲しい絵文字:泣く
でも、試合は勝利して決勝戦へ進めました。(決勝戦は間に合うので会場に向かいました)
決勝の相手は、草加西高校絵文字:笑顔これまた、よく大会でも当たる地元の仲のいいチームです。また東部支部でも、県内でも結構嫌がられるバスケットを繰り広げてくる、玄人好みのチームです。(顧問が伊澤氏ですから絵文字:ニヤリ
お互い選抜を欠き、またインフルやら体調不良で数名を欠いている状況での当日です。どう人を回して戦うのか?の方が、対草加西よりも大変でした絵文字:困った 冷汗
序盤は、1点差の攻防がずっと続き、23-23で全半終了。
後半に入って、PASのDFが何回か効果的に得点に絡み、12点差まで広げたところで、選手交代。(前半でも8名程度出場)
ここから連続得点を許し、5点差。ま~想定内。絵文字:怒る絵文字:急ぎ
またいろいろDFを試しながら、草加西の得意技『合わせ』へ対応し、再度加点成功。
ところが今度は、これまた草加西の得意技、#4の身体を使ったインサイドの1on1絵文字:重要絵文字:絶望
体格差や経験値の差で、3本程度押し込まれ得点されました。(さすが伊澤イズム絵文字:ニヤリ
ただ、連続もそこまでで、チームでDFしているPASのDFが効き、再度走れるバスケットへ展開できました。(スプリントバックの切り返しに課題が見えましたが、何とかカバーし合ってました)
結局試合は、12名程度出場させての勝利絵文字:良くできました OK(最後出そうと思い交代ベンチまで行かせた選手が、試合が止まらず出場できませんでした。ゴメンナサイね絵文字:困った 冷汗
これにて、草加南ピンクアローズ(通称PAS)初優勝絵文字:良くできました OK絵文字:良くできました OKとなりました。絵文字:笑顔
前任校時代は、(回数は忘れました)かなり優勝していた気がします。が、草加南での優勝はやはり嬉しいものです。
2nd選手中心のチームで、ビッグマンも居ない中での試合でしたので、「機動力」での勝負でした。そんな中で、今日1絵文字:星で輝いたのが、1年生地元の応援を一番に受けていた#13のカナでしょう。センターはあまりやった事のない選手に3,4,5番ポジションを積極的に取り組ませました。
家族も本人も、ベンチの選手も、そして顧問、副顧問も驚くような活躍ぶりでした。絵文字:笑顔
今後も、この活躍に自信を持って練習や試合に取り組んでもらいたいものです。
これにて週末の結果報告とします絵文字:重要

NEW 2月11日(日)ナウ

日曜日は、午前中に草加市市民体育祭に参加しました。(毎年この時期、一般社会人チームに混ざって、草加市内4校も参加の試合<男女>)
1回戦は、地元を支える女子バスケットボールチーム『草加クラブ』オールドミス!?絵文字:笑顔の方々でした。動けない分、要所要所でのプレイは「さすが」の一言。
やっちゃいけないと思いながら『オールコートマンツーマンDF』を仕掛けました絵文字:笑顔
当然ながら、勝つわけです。足が動かない女性ばかりのチームですので仕方ありませんが、PASも「容赦」という言葉は、チーム士気の低下になるので、一切容赦はしませんでした。でもゴメンナサイ。絵文字:急ぎ
市民体育祭の準決勝と決勝は翌日の12日(月)なので、試合が終わり休憩がてら昼食をとった後、学校へ戻り、午後からは『独協埼玉高校』と『東京女子体育大学』と合同練習と練習試合を行いました。
大学生もテスト明けということで、一緒になって約2時間30分絵文字:重要ミッチリ、汗を流してもらいました。
独協埼玉の生徒達は、怪我人も居たのですが、中学生も参加して、課題であるDFローテーションや、ゴールへのカッティング、ドライブからパスアウト、ボールサイド&オフボールサイドのスクリーン等に取り組みました。1回や2回の実戦で出来る訳ではないので、じっくりと練習を積んでもらえれば、合同練習した甲斐があると言うものです絵文字:笑顔頑張って下さい池永先生

東京女子体育大学(東女体大)との試合は、お互いにAチームで戦いましたが、12点から15点差はつけられる試合内容でした。シュートが落ちない絵文字:絶望、コンタクトシュートもほとんど決められました。
でもPASの良い面もありました。得点をとる場面や、REBで勝てる場面は少なかったですが、「取り組もう」の姿勢は感じられたからです。上のカテゴリーに対して、弱気な仕草を出す事は、よくありますが、そうではなく「戦おう」がほんの少し観られた事が「まだこれからだな」と言う感じでした。
終盤の大学生の『プレス』に何度も8秒をとられましたが、これも現状としては「仕方ない」事です。この場面に対しての練習を取り組む事で、次に必ず繋がると感じました。またプレッシャーの中でのOFにも取り掛かれるきっかけがもらえたので、弱小PASではありますが、もっと練習を積んで、春の大会では「これです」が披露できる様に頑張ります。絵文字:笑顔
長い1日でしたが、充実した1日でした。
12日の試合については、また次回掲載いたします。
追伸
中学生諸君、頑張ってますか!?ますよね。自分を信じてファイトして下さい。絵文字:良くできました OK

NEW 土曜日ナウ

みなさんこんにちは。
10日の土曜日は、午前中練習をしてから、栃木関東大会を見学に(個人的に)行って来ました。埼玉県の東部支部代表の『昌平高校』の応援も兼ねて行って来ました。
対戦相手は、WCで全国ベスト4に入った「八雲学園」でした。
一回戦から強敵ではありますが、「絶対」はありません。期待を込めて応援してきました。前評判を覆すほどの昌平高校の戦いぶりに、会場も「えっ」って感じで、八雲学園が波の乗れず、3ピリまでは同点が続きました。絵文字:笑顔東部支部代表?埼玉県代表もやるぜ!って感じでした。結局、昌平エースガードの退場、八雲のスーパーセンターの得点が交錯する様に、互いのチームの戦いかたに結びつきました。残念ながら20点差程度の差が出て、敗退しましたが、大健闘ですよ。絵文字:笑顔私もその雄姿を目に焼き付けました。
我がPASではどうにもならない実力差がまだまだありますが、通らななければならない相手でもあるので、4月以降の大会までに、チーム一丸で東部支部のレベルも上げられる様に努力せんといかん!とつくづく感じました。
目標でもあるチームの昌平に、ヒントをもらって次回こそは『打倒、市立川越高校』を実現したいと思います。
次回は、草加市民体育祭絵文字:重要&独協埼玉高校&東京女子体育大学との合同練習と練習試合について記事を載せますので、お楽しみに。絵文字:笑顔