2019年5月の記事一覧

NEW 草南のお知らせナウ

みなさんこんにちは。
今回は簡単にお知らせをいたします。
その1
今週末に向けて、木曜日(5月30日)体育祭予行/金曜日(5月31日)体育祭当日が行われます今週の「なんだこの暑さは!絵文字:絶望絵文字:晴れ」ほどではないにしろ、参りますね、体育館種目族は絵文字:急ぎ何はともあれ、7団全団で、有意義な体育祭にして欲しいと思います。という私も、3学年担任として、「桃団」を引っ提げ、昨年の優勝同様、2年連続優勝を狙います。最も欲しいのは『綱引き』での優勝です。昨年は逃したので、綱引きを皮切りに、男子騎馬戦、女子棒引き、団対抗大縄跳びで完全制覇を狙います。
また私は、誘導召集係として、種目出発ゲートで選手を鼓舞しまくっています絵文字:笑顔絵文字:お知らせ盛り上げて盛り上げて、出発です絵文字:笑顔絵文字:重要怪我なく、楽しく終了すれば、それが一番絵文字:良くできました OK
その2
7月25日(木)、26日(金)の両日で『草南ライフ体験会』が開催されます。毎年多くの中学生が来校し、本校の生活を垣間見る2日間です。そして今年も、部活動体験会もあります。毎年約30名~40名位の中学3年生が参加してくれますが、有り難い事です。
今年も沢山の参加をお待ちしています。沢山の高校見学をして、自分に合った学校を選んでほしいものです。まずは草南女子バスケットボール部「ピンクアローズ」を知ってくれたら幸いです絵文字:笑顔「公立高校でも、関東大会に出場できる」「県で準優勝出来る」という事を証明できましたから、また新しい草南ピンクアローズ(新チーム)を夏、秋に向けて始動していきます。(関東出場は現3年生が勝ち取ったもの)
皆さんも、是非「公立で関東へ!全国へ!!」を目指しましょう。私が連れて行きますよ絵文字:笑顔
以上お知らせでした絵文字:笑顔絵文字:お知らせ

NEW 早速練習試合ナウ

みなさんこんにちは。
24日(金)に中間考査が無事終了して、早速練習再開です。この日は地元の瀬崎中学校が来校し、合同練習を実施しました。
テスト明けという事もありますが、身体は思うようには動きません。瀬崎中学校も同様に金曜日までテストだったらしいです。
お互い怪我をしない様に、ファンダメンタルを中心にみっちりじっくり絵文字:急ぎ実施しました。
そんな感じで始まった練習ですが、翌日には栃木遠征に向かいました。
大学の先輩から頼まれていて、男女で向かいました。
当日は「U15練習会」となっており、栃木県のクラブチームバディーズ男女、指扇中学校、宇都宮商業高校、矢板中央高校と参加していました。
PASは矢板中央高と対戦し、まず勝利(でも2ndや3rdメンバーを途中から交替したら相手のプレスに引っかかりまくり、だいぶ加点されました・・・情けない)
その後指扇中と対戦し、ベンチメンバーと控えの選手達全部とはいきませんでしたが(時間の都合上)殆どの選手を出場させる事が出来ました。
その後、再度矢板中央と対戦し、向こうの勢いと気持ちの乗ったプレイに押されまくり、途中追い上げるも敗退。昼食を挟み再度矢板中央と対戦。
ここでは1st陣が、気持ちの入ったプレイに変わった為、リードし2nd陣と交代しました。が2nd陣+3rdメンバーがミスの連発でつかまり、最後はちょろ負けしました。
まだまだバックアップメンバーの層が薄い事を実感しました。
だから怪我人が出ると、こういう苦しみが伴うんです絵文字:泣く1st陣だけでは試合は困難だという事をもっと理解自覚してもらいたいものです。長い1日、練習試合という良い環境を与えてもらい、先輩やバディーズの藤井さんには感謝しております。ありがとうございました。
機会がありましたら、いつでもお声がけください。東武宇都宮駅へは1本で「寝て」行けるので絵文字:笑顔楽チンです。絵文字:良くできました OK
テスト明けでも言い訳は聞きません。言い訳を理由にすればそこから「綻び」が生まれます。戦わずしてもう負けています。
関東大会に向けて、本当に長田先生(矢板中央)と対戦で来て良かったです。
PASの各個人の駄目な点が、改めて分かったと共に、1mmも油断なく、そういった部分に練習時間を割く事が出来るからです。
大会まであと2週間!1日1日を大切に練習し、勝つための絶対条件『怪我をしない』をチーム全員で意識して取り組みたいと思います。
気温が高すぎます。
早く公立高校の体育館にも(大勢の避難場所としても)空調設備を入れてほしいです。小学校から順番であるならば、それでもいいので、数年後には公立学校の部活動運営が、私学に負けない環境になっている事を願うばかりです絵文字:良くできました OK

NEW 壮行会ナウ

みなさんこんにちは。
関東大会の出場を果たし、1つ目の「夢」を掴み取る事が出来た(PASにとって)最高の経験場であった県大会が終了し、中間考査で勉強の遅れを取り戻す絵文字:重要ために、PASの面々は、試合で見た事のない形相と努力が始まりました絵文字:絶望
しかし、大会と並行しながら勉強をしていましたから、それほど問題視はしていませんでした。が、が、が、今回のミッションは『全員クラス1位を狙う』大作戦絵文字:良くできました OK壮大なミッションですので、これがどこまで実現できるのか?は未知との遭遇絵文字:急ぎです。
この結果は、今後適宜お知らせします絵文字:笑顔
さて、無事関東大会出場を果たし、対戦相手も決まり、本日から関東大会で勝利するために練習に再度入ります。
その前に、学校が「壮行会」を開催してくれました。
久しぶりの団体種目での関東出場という事もあり、壮行会では、校長先生をはじめ、後援会会長、生徒会長からも、有り難い言葉と、『激励費』を頂きました。
私は、部活動の話をせよ!との事だったので、選手のちょっとした紹介をしながら、今大会までの経緯やら、何やらを話しました。
色んな形で一般生徒にも、いい影響が起きる様に絵文字:重要という気持ちで話の内容を考え話しました。伝わっただろうか??
さぁ~お祭り騒ぎももう終わりましょう絵文字:怒る絵文字:急ぎ絵文字:締め切り
これからは、怪我人なく関東大会に向けて練習し、怪我人なく関東大会で結果を残し、埼玉県のインターハイ予選に向けて動き出しましょう。既に、東部支部大会の組み合わせも終わり、6月の中旬には、あっという間に『県大会』は始まるのですから。
関東大会の初戦の相手は『作新学院』となりました。以前GW中に、様々な意味でお世話になった学校です。
神様の悪戯がまだ続いている気もしますが、もしそうであれば付き合ってやろうと思います。前回よりも濃くよい内容の試合に持ち込み、勝利を掴みたいと思います。『笑って泣ける関東大会』へ全力で挑みます。
応援よろしくお願いします。
追伸
もうすぐ体育祭だぁ~絵文字:星絵文字:お知らせ

NEW 県大会パートⅢ『関東大会出場』ナウ

みなさんこんにちは。
始めにお断わり致します。
今回は長長分となります。気を引き締めてお読み、ご覧下さい。写真は後日アップしますので、その都度確認して下さい。ではスタートナウ絵文字:晴れ
先日の11日(日)に関東大会出場を決めるべき県大会が終了しました。
ベスト8に進出し、ベスト4(関東大会出場)を掛けた大一番に10日(金)、挑んできました。対戦相手は同地区のチャンピオンであり、新人県大会で県2位となり、新人関東大会に出場した『昌平高校』でした。
この代は、公式戦での成績は2戦2敗。PASには乗り越えなくてはならない壁でもあり、お互い常に切磋琢磨し、懸命に取り組んできた相手です。
大差での敗戦は無く、10点から15点の中で、「シュート力」「チーム力」等で敗れていました。
こうした東部の仲間であり、良きライバルのチームと三度のチャレンジ。失うものもなく、全力で戦いの挑みました。(現状のチーム状況としては、練習試合をした頃からは、主力の離脱という、失ってしまったものが多すぎて絵文字:泣く心が折れそうな状態でした)
試合開始と共に、お互いの特徴がプレイに発揮され、昌平のOF、PASのDFの効いた展開となりました。昌平の決めるべき選手達が、出だしからシュートを決めれば、PASも#4ユミホや、#7マユのゴール下も決まり12-18で1Qを終えました。
2Qでは、PASのDFが効果的に決まり、シュートも入り始めました。(気持ちでねじ込むシュートっぽい絵文字:笑顔)昌平の足が少し止まった感じでした。19-8で2Qはリードを広げました。31-26でリードの折り返し。
勝負は3Qから絵文字:重要とインターバル中に十二分に伝え、3Qの戦術について話しました。選手達の表情は、とても充実している「顔」でした。油断なく、最後まで切れる事のない集中力と、トークプレイ絵文字:笑顔絵文字:笑顔を継続しようと確認できました。3Qは昌平の本来の力が発揮され始め、リードはすぐになくなりシーソーゲームの展開となりました。PASの面々も引き離される事無く、喰らいつき、15-22とリードされ4Qへ。(46-48)
ここからは、昌平#7の選手が暴れ始めます。どんな状況でも1on1を仕掛けバスカンを取りにきます。#10のカナが懸命にDFしますが、(わかってはいても)まだまだDFの弱さが出てしまいました絵文字:泣く
それでも、#6アミの3ポイント、ユミホの3ポイント、#11ナミのステップインシュート、#11カナのリバウンドとターンシュート、そして気持ちのこもったブロックショット、#8モエのドライブなど、PASの個々のプレイ(チーム)が流れを失わず、弱さを漂わさず、一歩も引かない展開で戦いました。最後に小さなミスは出たものの、そのミスをリバウンドやブロックショット、ゴール下で決めるなどの連携したチームプレイ『ONE FOR ALL』が随所に発揮されました。その結果、4Qを18-12でリードできたことにより、64-60というスコアで昌平高校に勝利し、関東大会出場を果たす事が出来ました絵文字:良くできました OK絵文字:星
この試合は金曜日です。ですが、越谷市立総合体育館での開催という事もあり、多くの保護者の方々、卒業生、OG、バスケットボールの仲間、数えきれない数の人が応援に駆け付けてくれました。その思いにこたえる事が出来た事も嬉しく、感謝しかありません絵文字:泣く
この試合をしたコートは、前任校で男子を指導していた時に、群馬関東大会出場を決めた同じコートで、験担ぎとしては最高の場所でした。そして決める事が出来た事に何か縁を感じずにはいられませんでした。
東部支部の県立高校としては、25年ぶりの関東大会出場との事でした。
これで男女それぞれを指導して関東大会出場を果たす事が出来ました絵文字:笑顔
選手達と試合後に話をして、出場できなかった仲間達の分も一緒に戦えたこと、その思いもプレイに出ていたことを伝え、久しぶりに誉めました絵文字:うーん 苦笑絵文字:良くできました OK誰が一番頑張ったかではなく、控えの選手がいなければチーム内練習での「想定した対戦相手」を作る事も出来ませんでした。37名の選手達1人1人が掴んだ「関東出場」なのです。
それだからこそ嬉しい。そして反面やはり悲しい。(本当に怪我は今までの努力を全て奪い取ってしまうからです)
そして勝利の余韻に浸ること数十時間後には、準決勝VS『正智深谷高校』との対戦が待っています。
むかえた翌日第1試合
これまで正智深谷高校とは何度か公式戦で戦った事がありますが、どの試合も「大差」での敗退でした。しかし今年は、前日のvs浦和西高校とのOT(オーバータイム:延長戦)など、県立高校でも戦えるという雰囲気がありました。
そして試合が始まると、まずリードされながら試合が動きました。でも慌てる事無く、PASのOFでこちらも得点し、一進一退の攻防戦となりました。最終日は、決勝、3位決定戦等も考えた選手起用を考えなければならない状況で、判断に迷いました。が、思い切って5人全て変えてみたり、少しでも休ませようとやってみました。その時間帯の得点は「想定内」とし、選手を10名は起用できた事が良かったのか、2点リードで残り22秒でした。
インサイド勝負で来ると予測し!、ポジションを取られない様に伝えましたが、しっかりスクリーンからペイント内でポジションを取られ、同点シュートを決められました。(56-56)【1Q14-18、2Q17-11/3Q16-18、4Q9-9】という事で、OT(オーバータイム:延長戦)へ突入です。OTは逃げるPASではなく、追う状態のPASとなりました。残り3秒で60-62の2点ビハインドの攻撃。ゴール下での勝負で、#7のマユがシュートファウルをもらいフリースローを獲得。固唾を飲む場面で、きっちり2本を決め同点で終了。なんとWOT(ダブルオーバータイム:再延長戦)へ!ベンチに戻ってきた選手達を前に、「えへへへへ」と何故か笑ってしまった私絵文字:笑顔
ここまでくると、策は無い!と言いました。今まで通り最後まで集中して、相手の嫌がる事をして、自分達の強いOFプレイをやろうと選手達と共に確認しただけでした。
結果、縺れるWOTでしたが、少しリードができ、残り1分30秒で5点差!リード。ここで正智深谷ベンチのTO(タイムアウト)。
ベンチの選手達は座る前から「まだ終わってない、集中しよう」「もっと話をしよう」との声絵文字:泣く絵文字:笑顔・・・絵文字:うーん 苦笑もう何も言う事はありませんでした。言いたい事は選手達がハッキリ意識してくれたからです。涙が出そうになりました。・・・成長したな~と。
そして更に1点加点し69-63とし、最後はパスを回し、ボールをキープしたまま試合終了。なんと、決勝戦進出絵文字:星となりました。前日の関東出場を決めた時と同様に、ベンチも私も、応援団も大歓喜絵文字:お知らせ絵文字:お知らせ絵文字:お知らせ絵文字:良くできました OKとなりました。
正直、「私学の勇」2校に連続して勝利するとは考えていませんでした。全ては子供達がここまでの苦労を形に変えてくれたから絵文字:星に他ならないです。
決勝戦の埼玉栄戦は、もうクタクタでした絵文字:絶望。応援の皆さんごめんなさい。現状(本日の状況)では戦えませんでした。しかし、勝つための練習時間はあるので、この3週間を有効に練習し、茨城県開催関東大会Aブロックを戦いたいと思います。
3人のスタートを欠いて、挑んだ県大会、練習を通じて、互いにサポートし合い、それぞれの立場で活躍してくれた全選手達に心から感謝します。
そして、保護者の応援をはじめ、OG、OB、東部支部の高校生、バスケットの関係者(全て)、他県のお世話になった先生方、とにかくありとあらゆる方々、そして家族に心から感謝を述べたいと思います。
両日の応援と、特に準決勝の応援は、私が経験したことのないほどの、応援してくれる方々の数でした絵文字:笑顔
鳴りやまないライン着信音、メッセージ着信音、電話着信音と、試合後から夜中まで鳴りやみませんでした絵文字:泣く(嬉しい事が沢山あって、嬉しすぎて吐きそうでした絵文字:急ぎ
準決勝の前に、ある高校を応援しているご高齢の保護者(七十台?)の男性から、「学校は違っても先生のブログはいつも見ています」「熱い人なんですね絵文字:笑顔、先生の思いが伝わってくる内容でいつも楽しみにしていますよ。昨日も良かったけど、今日も熱く暴れて下さいね」絵文字:重要感謝感激雨あられ絵文字:良くできました OKとはこの事です。本当に様々な方々から応援されてここまで来れた事に気づかされ、また感謝の思いになれました絵文字:泣く
東部支部の県立高校の決勝戦進出も久しぶりらしく、何年ぶりか分からないそうです。A関東ブロックは、正直我々にとっては、『死のブロック』ですが、怪我なく挑みます。戦ってきます。そしてその先のIH県予選で一番でっかい花を咲かせたいと思います。
関東大会は6月8日9日日立市方面で開催されます。『池の川さくらアリーナ』
どうぞ魂を込めたPASの試合を応援しに来て下さい。長々お付き合いありがとうございました。

NEW 県大会3日目へ向けてナウ

火曜日は学校の振替休日だったため、午後からじっくりスカウティングを兼ねた練習に取り組めました。
分かってはいても、反応できない絵文字:重要もどかしさ等ありながらの練習となりました。
残り3日間の初日練習という事で、焦っても仕方ありません。なる様にしかならないので、ペースを上げて、きちんと対応し、OF、DF共に強烈に戦える様に取り組みたいと思います。
何処の学校もそろそろだと思うのですが、中間考査絵文字:鉛筆の時期が迫ってきました絵文字:絶望
まさに両立の時絵文字:重要この良き時期を逃さない様に、勉強面も部活面も良い成績をもたらせるように頑張りたいと思います絵文字:笑顔
恐らく緊張しているのは私だけで、選手達は「ケロツ」としていますね。勿論勝負にはこだわった顔つきなのはいつになく見かけられますが、私は逆にそれでいいと思いました。選手達の方が自然体で、且つキチンと練習して挑みたいという雰囲気を出してくれているので助かります絵文字:笑顔絵文字:良くできました OK
体育祭も近づいてきました絵文字:お知らせ高校生も大変ですが、どこの高校生もみな一緒ですので、我々PASも元気一杯頑張って、冷静に正しいプレイ、熱いプレイに心がけます。では、金曜日みなさんお会いしましょう。