2020年9月の記事一覧

NEW WC県予選&新チーム遠征ナウ

みなさんこんにちは。

もう既に県の大会結果でご存知の事と思いますが、我々PASの面々(ピンクアローズ)はベスト8を掛けた戦いで、越谷西高校敗退しました。油断・本調子・課題・傲り等々考えたらキリがありませんが、負けは負けです。

素直に受け止められない選手達を前に言葉もありませんでしたが、3年生7名へ1人1人へ最後の言葉を掛けました。

勿論落ち着くまで時間がかかりましたが、ここまでの取り組みや自分達の決意を迷うことなく突き進む事ができた事や、先輩たちの記録を越えようと必死で戦ってきた具体的な活動全てを心から誉めました。

7名とも進路は決まっているので今後の学校生活の事とや保護者への感謝を言葉で伝えること等、一度では伝えられない内容を、頭の中で巡らせて終礼で伝えました。

我々に勝利した越西の選手はじめ山岸監督、清水副監督の努力と「勝つんだ!」の気持ちと戦い方に、拍手を送りたいと思います。上から目線ではなく、この一戦にかける思いが『シュート成功率』の差へと出た結果となった気がします。どんなシュートも入ればOKです。越西をしっかり倒していざ埼玉栄へ!の思いだけで突き進んできましたが、勝負とはこんなものです。

山岸監督とは同支部で何度も戦い、審判でも切磋琢磨してきた仲間でもあります。次の栄戦は苦労すると思いますが、勝負に絶対は無いお知らせので、今週やってくる台風のごとく、旋風を巻き起こしてもらいたいです。頑張れ大輔ピース

そしてその翌日、3年生在りきで考えていた強化遠征をどうするか?考えましたが、「新チームの始動がこんな形でもいいだろう」と思い、予定通り栃木県足利市へ向かいました。

実力的には本当の栃木県No1チームです。

3年生がいてもまず勝つ事は出来ない相手ですが、胸を借りてどこまで戦えるかを試したかったのと、栄戦に向けて弾みを付けようと考えていました。が、今回はそんなことはどうでもよくなり、新チームの初練習試合での経験として挑みました。結果は言うまでもありません。『木っ端微塵』とはこのことを言うのでしょう。

でもでも、戦うんですようちの新チーム了解ケチョンケチョンなんですけど、個人的な力の差も、チームとしての力の差も雲泥の差なんですが、戦ってくれるんです汗・焦る以前まで「怖い」とか言っていた選手も、立ち向かおうとしてくれているんですキラキラ

『やはり来てよかった』喜ぶ・デレと心から思いました。3年生の引退は突然すぎて、昨年度様に「ポカ~ン」としてしまいましたが、それどころではない収穫が沢山得られました了解

午前、午後とフルゲームをそれぞれ2本とハーフのB戦を2本と(相手のB戦はスタート陣にも出場していた下級生達)全てフルボッコになりました。それでも充実した1日でした。

こんな状態の我々を快く1日相手をしてくれた宇津江先生ありがとうございました。恩師の先生の指導が素晴らしいんですね!痛感しました。バスケットボールって得点取れないと駄目な競技なんだという事が2日続けてよくわかりました。しかしあのシュート力は『化け物』ですよ急ぎ誰が打っても、何処から打ってもほぼ入る!

しかもDFは個々がしっかりできているだけでなく、チームとして機能するタイプ汗・焦る

特に球際の強さに脱帽しました汗・焦る我々も球際については取り組んでおり、支部でも県でもそれなりに結果を出せてましたが、全く別物汗・焦る汗・焦るとしか言いようがありませんでした衝撃・ガーン大変勉強になりました。早速練習に入りましたよ了解

125-70 この点数を我々の新しいスタートとして胸に刻み焼き付けておきたいと思います王冠

これからPASは第3世代へと入ります。(初年度は私のチームではないので、また次に代には選手が居ませんでしたので)3年生の居た代(第2世代)と身長も変わらない「ちびっこチーム」ですが、低身長でも勝つチームの課題第2章として今後も取り組みます。そして必ず関東・総体・WCに出場して見せます!東部支部県立高校の意地と夢を叶えるために晴れ

最後にここまで心から、精一杯の応援とご協力を惜しみない愛情で注いで下さった3年生の保護者の皆さん、ありがとうございました。本来であれば「飲み会」を開催して、ここまでの苦労や喜び等を感謝・慰労するのですが、コロナ禍の中では開催が困難な状況です。今後も様々な場面で皆様とお会いできる機会はあると思いますので、その都度ご挨拶させて頂けたらと思います。また4連休最後の22日(火)は3年生VS現役の試合を行いますので、密に気をつけながら応援にきて頂けたら幸いです。

最後に3年生、ヒナカ・マイ・チナツ・モモコ・エミ・リオ・アヤノ・・・コロナ禍の中でも懸命に取り組んでくれて最後まで夢を諦めないで駆け抜けてくれて本当にありがとう泣く小さくても出来る了解を証明してくれた最高の教え子達ですキラキラってか、よくついて来てくれたねうれし泣きが本音です王冠ありがとう。今後は部活へ遊びに来て後輩いじめニヒヒを楽しんで下さいピース待ってますよ視聴覚

NEW 13日(日)強化練習試合ナウ

みなさんこんにちは。

県大会も2回戦へ進み、男女それぞれベスト16が出そろいました。各チームの実状等がゲームを左右する大会ではありますが、どのチームも課題を持って懸命に取り組んでいました星

我々も勝利した次の日の日曜日は、埼玉県内のクラブチームとの強化練習試合を行いました。公式戦の後ではありますが、この繰り返しで次の越谷西高校戦へ動き出したいと思います。『鉄は熱いうちに打て』を行動に、その先を見据えた戦いに慣れないといけませんからね了解

このクラブチームは男女それぞれの活動がありますが、女子の選手の大半は、大学でもやっていた選手、高校時代全国区のチーム出身急ぎが多く、高校生には無い上手さを持っています。また身長も大きく、ポジション取りも強く、DFもハード汗・焦ると、現在のPASにとっては願ってもない相手です。

人数は少なく10名程度でしたが、現役中学3年生(ある先生の娘さんキラキラ)も相手に加わり(クラブチーム登録なので)そのうまさに再度驚かされましたが、我々PASの1st、2nd、3rd、4thのガード陣も何度も喰らいついていたので、そう言った姿勢が見れて本当に良かったと感じました。「ここで切り返してくる」とか「正面に入れ」「でも入れない」とか、実感として「今私はバスケットを楽しんでいるハート」が感じ取れたのではないかと思いました喜ぶ・デレ

そうですお知らせやられたっていいんです。ここで掴んで欲しい事は「挑む事」「挑んでやられて楽しいと思える事」なんです。これが非・常識への第一歩だと選手達には話をしました興奮・ヤッター!

試合は終始リードされながら、中盤で追いつき、また追い抜かれの一進一退の攻防戦キラキラ

社会人チームは中学生を(2名)ポイントで出場させながら、10名をフルで使い社会人の試合運びのうまさを出してきました。しかしPASの選手達も、社会人のコンタクトに逃げる事無く挑んでくれましたピース

こちらも試しながら10名程度出場させましたが、交代する選手達が必ず最初に『ミス』泣くからなので、正直どのタイミングで出場させるか?!悩む試合でもありました。

残り22.4秒50-51で1点ビハインド。時間を掛けて2点を取りに行けと指示しました。

・・・・変な姿勢で変なシュートを2ndガードのモモコが放ち(そんな姿勢じゃなくて普通に打てている状況です)見事に落ち相手のリバウンド動物ダブルチームを仕掛け、コフィンコーナーでボールを奪い取り、残り4秒汗・焦る

そのままドリブルレイアップで終了1点勝ちの勝利王冠?!と思った矢先、何お思ったか斜め前方にいた味方にパスミスをかまして終了汗・焦る汗・焦るいやいや、そこから4秒あれば全く問題なくレイアップで終了じゃん汗・焦る?

まとめ方の練習としては最高の状況ではありましたが、やはりクロスゲームをまとめる事ができずに敗退です衝撃・ガーン

結果は結果として受け止めますが、最後のミスが原因ではなく、そこに至るまでの特に残り5分過ぎの「ミス」の1つ1つがこの結果を生んでいると感じましたし選手達にも伝えましたお知らせ

フリースローが連続4本落ち、インターセプトらノーマークレイアップシュートが落ち、アウトナンバーの3on2での攻撃でのフィニッシュが全てミドルシュート急ぎ・・・全て落ちと、そう言ったまとめ方が駄目な要因でした。

選手達も十分に理解しているはずの様子で、いつになく悔しそうな表情ではありました。

チカの5ファウル退場も痛かったのですが、代わりに入ったカノが踏ん張ってくれていました。でもいつも見られる光景の、キャッチミスやらルーズボールミスも発生していたので、本当に最後のまとめ方なんだと痛感しました。

二言目に必ず言う『焦っていました』はもう言うのはやめましょう禁止

敗れはしたものの、全体としては良く戦ったと感じています。

その後、B戦やそれ以外の選手も投入し、全員が社会人のバスケットボールに触れる事ができて、経験を積む事ができた事は素晴らしく良い半日となりました笑う

月曜日はOFFですが、今週の土曜日に向けて怪我なく・安全に練習を続け勝利したいと思います了解

ライジングレッズの皆さん、監督の西井君、審判をずっとやってくれた伊澤先生、奥さんのハナちゃん、半日ありがとう。感謝興奮・ヤッター!了解お知らせ

NEW 県大会初戦ナウ

みなさんこんにちは。

12日(土)に久喜高校会場にて、県大会2週目(PASの初戦)を迎えました。

対戦相手は先の1回戦で、草加高校を破って勝ち上がった「草加西高校」です。言わずと知れた『バウンズパス』の名指導者伊澤先生率いる、とても仲のいいチーム興奮・ヤッター!です。ですので「やりずらさ」は他のチームよりはるかにありました。

互いの長所短所を知り尽くしているので、仕掛けもくそもありません汗・焦る

逃げた方が負けるだけです急ぎ

序盤からいい流れが続き、10点のリードを広げ、その後も草加西のバウンズパスと合わせを先読みし、DFが機能しました。今までの試合の中では最も良いDFができたと思います。

今回は草加西高校の校長先生も観戦しており、若干やりずらさはありましたが汗・焦る15名の選手が出場して勝利を得る事ができました笑う82-31という結果でした。

怪我人も含めて3年生も全員出場!王冠

次回は19日(土)に『越谷西高校』との対戦になります。同支部対決が続きましが、油断なく「勝利」のみを求めて練習し、試合に臨みます。

ラインの動画視聴で数多くの保護者の方々もライブ中継を見る事ができたようで、会場に居なくとも暖かい応援を背に取り組めました。最終日の越谷市立総合体育館に保護者を呼ぶためにも、まだまだ精進します了解

本日13日(日)はクラブチームと練習試合ですが、午前中に越谷西高校のスカウティングを済ませたいと思います。

背の高い選手が多いクラブチームですので、PASにとっては良い練習です。怪我なく頑張りますピース

追伸

本日3年生のアヤノが入試です。キラキラ頑張ってこいや!お知らせニヒヒ

NEW 強化練習試合ナウ

みなさんこんにちは。

6日(日)に1日(午前中はAチーム、午後はBチーム)久喜高校で練習試合を行いました。

県大会ベスト4の県立高校では巨人族の久喜高校にどこまで、現在取り組んでいる内容が通用するか?を試すための試合です。

前回前々回と大会では敗れているので、勝ちも目指してのチャレンジです!

試合開始からなかなかいいペースで試合は進みました。1Q、2Qとリードのまま3Qへ。付き離そうと思う所で、久喜の3ポイントシュートがさく裂したり、PASのイージーショットが入らなかったりと、一進一退の攻防戦となりました。

そしてここで練習で取り組んできていたゾーンDFを取り組ませました。結果から言うと、PASのゾーンにはまだまだ「穴」が沢山あるという事でした汗・焦るこのゾーンをきっかけに久喜の3ポイント祭りが開催されました星

入る入る!侮ってはいませんが、現在の動きの中ではPASに捕まえる事は出来ませんでした。またそういうシステムを理解する事もできませんでした心配・うーん。この辺りはやはり久喜高校の選手達のポテンシャルの高さだと思いました。

ただ我々PASのDF自体は十分に発揮されていたと思います。個人的に抜かれて5ファウルで退場して、凹んでいる選手も出ましたが、自分より上!の選手は年齢ではなくいる事を認め、受け止め楽しめなければ「更に上」には上がりませんから了解

3Qもほぼ同店で終了し4Qへ。

4Qでは久喜の3ポイントへの修正ができなくなり、6点差まで離されましたが、後退した1年生のカホの活躍や、2年生レイナや3年生ガードのマイの気迫とプレイで追いつき最後までもつれる展開となりそうでした。

そうですね、縺れるかと思っていましたが、センターに走られバスカンや、合わせに対応が遅れまた6点差に急ぎ

ここでプレスで引っ掛けてボールを奪う事に何度も成功しましたが、3ポイントは入らず、2点をとるのが精一杯汗・焦る最後もスティールするも、適当にパスを出して相手がキャッチ汗・焦る(おいおい急ぎ

練習試合ではありましたが三度敗れました花丸

しかしPASにとっては収穫の多い試合となり、試合後の反省では『この敗戦の理由を考え練習を具体的に進めます』と個人ノートに記載されていました。(本当かどうかお辞儀

県大会初戦まで1週間を切りました。相手は『草加西高校』なので、手の内分かり過ぎるほど知っていますので、そうでない事に対しての準備も含めて、しっかり取り組みたいと思います。

午後はBチームの『凄い試合』が行われました。・・・・・凄い試合になりました。

久喜のゾーンプレスを全く運べず、てんやわんやの汗・焦る汗・焦る悶え方泣く

ゾーンプレス対応策は(久喜への対応という意味ではなく)日々全員で取り組んでいるはずなのに、それに入る事も出来ず、相手のプレイを受け入れる始末疲れる・フラフラ仕方ないと言えば仕方ないレベルの違いですが、ちょっと酷かったですね。

Bチームの選手達には試合後の終礼で、『もう一度久喜のBチームと練習試合やらせて下さい』といえる様になったら早川先生にお願いしあげる!と言いました。

今朝提出されたノートにはそれが記されていたのでちょっと安心しました。普段の練習が全く出せないという選手は、こういった大敗の経験を真っ直ぐ受け止めるしか、次へのステップが無いのでは無いかと感じます。

「Bチーム等と言う言葉は君達には当てはまらない重要」「C・Dでいい。そこから這い上がってくれば心身強くなれるからお知らせ」と。三日坊主な部分を捨て切れればまだまだ変化和あると思うので、頑張らせたいと思いますニヒヒ

最後に1日練習試合を実施してくれた久喜の早川先生、矢澤先生ありがとうございました。お昼の手打ちうどんとそばも美味しかったです?!締め切り

県大会準決勝で三度戦える様に第1シードを喰らってきますのでそのステージで会いましょう喜ぶ・デレ

さぁ~戦闘準備再開です。ANAは完璧に埋めて試合に臨みますよ了解王冠

NEW いよいよ県大会始まるナウ

みなさんこんにちは。

いよいよ本日から埼玉県の1番を決めるWC1次予選が始まりました。

男子女子別々の日程が途中まで続き、3年生の全てが発揮される大会です。思いを残すことなく、全てを出して「悔い」だけは残さないで戦ってほしいですね。

既に3年生が引退しているチームも多いようですが、新チームの新たな出発としても思いのある大会にしてほしいと心から願っています。

さて本日我々の相手が決まりました。まれに見る『草加市内大会』

草加高校vs草加西高校の勝者と我々PASの対戦カードとなりました汗・焦る

責任抽選だったので、誰も責められませんが・・・・・なんでこうもかたまるかね急ぎ

東部支部副委員長の立場で会場に居ましたので、試合は見る事ができました。開始早々は草西、序盤は草加、3Qからは草西のバスケが展開し始め終始リードしました。最後までその差で進み、勝者は『草加西高校』キラキラ伊澤先生おめでとう、そして来週は宜しくね汗・焦る

正直一番試合をしたくない相手です汗・焦るお互いの手の内は十分するくらい知り尽くしているからです急ぎ

この夏も2度の練習試合をしました。同地区で練習試合をするのは数が少なく、昌平、草西、徳栄、そして明日出稽古に向かう久喜高校くらいです。大体は「合同練習」ですので了解

練習試合は勝ってはいますがあくまでも練習試合。公式戦も独特な雰囲気をどの様に飲み込み、プラスに変えられるかが草西戦のポイントになると思いますキラキラ

ただただ、油断なく真摯に受け止める大会として『勝ち王冠』に拘りたいと思います。

さぁ~明日は埼玉県ベスト4の久喜高校戦です。本時も様々な内容で練習しましたが、最後の最後で「気を抜くプレイ」泣くをしている3年生がいて、『やめやめ、これ以上練習は無し』として練習時間残りもう少しのところで終了しました動物情けないですね。たったあと3,4分のゲームだったのに、いつもの『忘れてしまいました』的な行動が起きました。そんな時に多くの怪我が起きる事もあるので『練習終了』なんです。

追伸

本日の練習にも中学生が見学に来校してくれました興奮・ヤッター!しかも中学時代は「ハンドボール部」汗・焦るいやいや、どうしてどうして、目を輝かせていましたよ苦笑い是非初歩からでも頑張れる生徒は育てるので、勉強をして女バスにいらっしゃい興奮・ヤッター!と伝えました。

勉強をしないで高校を決めるのではなく、そこで何がしたいかをハッキリしている生徒の方が『勉強にも身が入るし、『粘り』が全然違いますからねお知らせお知らせお知らせ応援していますよ。