日誌

2019年9月の記事一覧

~ 新人大会団体戦 ~

こんにちは!!
今日は新人大会東部地区予選 ( 団体戦 ) が羽生第一高校にて行われました。 個人戦が終わってから3週間、部員たちはこの日のために毎日練習を重ねてきました。個人戦での悔しさを、この団体戦で晴らしてほしいと思います。また、部の目標である ” 全員で県大会出場 ” の実現に向け、全身全霊で戦い抜いてもらいます!

1回戦目の相手は会場校の羽生第一高校。学総大会 団体戦でも対戦し、惨敗を喫した相手です。そのときの会場も羽生第一高校でした。偶然なのか、必然なのか...。とはいえ、学総大会の雪辱を晴らす絶好の機会! 5か月分の練習の成果を、存分に発揮してほしいと思います!
結果は...

S1   樋口 美穂  ⑥-4      
D1 山口・中川    ⑥-2      
S2 大出 亜佐美   ⑥-1      

D2 中西・工藤    ⑥- 0  ( 不戦勝 )
S3 望月 りりあ   ⑥- 0  ( 不戦勝 )

---------------------------------------------------------------------------------------
草加南   ⑤-0  羽生第一



見事に快勝です!  羽生第一高校は部員4名での出場のため、D2とS3 は本校の不戦勝でした。圧倒的有利な状況ではありましたが、3試合しっかり勝ち切っての勝利です。 特に樋口選手は学総大会で敗れた相手にリベンジを果たし、この5か月の成長を示してくれました。試合の随所に良いプレーが見られ、県大会出場をグッと引き寄せる対戦だったと思います。


初戦を快勝し、勢いそのままに2回戦目。対戦相手は春日部共栄高校。県大会出場を決める大一番です。部員たちにも気合が入ります!

1回戦目とオーダーを変えての対戦です。結果は...

S1   樋口 美穂  4-⑥
   D1 望月・中西    ⑦-6 (2)
S2 大出 亜佐美   ⑥-1
D2 工藤・川上    ⑥-2
S3   山口 優奈     ⑥-3
---------------------------------------------------------------------------------------

草加南   ④-1  春日部共栄



勝利しました!!部員たち 念願の  県大会出場 です 花丸  部員たちが一丸となって戦い抜いた結果だと思います。全員で勝ち取った県大会。部員たち よく頑張った!! おめでとう 興奮・ヤッター!キラキラ

結果だけ見ると ④-1で難なく勝利したように見えますが、実際は手に汗握るような展開でした。
試合は3面展開でスタートし、S1・D1・S2 が まず試合に入りました。
一番最初に試合が終了したのはS2の大出選手。⑥-1で快勝し、1勝目。この時点で他のコートでは
S1( 樋口 ) 3-4 D1( 中西・望月 ) 5-2 といった状況。S1はやや劣勢で、D1が勝利まであと
1ゲームでした。D1にはテンポよく勝利してほしいところでしたが、あと1ゲームがなかなか奪えず、相手に追い上げられてしまいます。その間にS1が力尽き、4-⑥で敗戦。1勝1敗に。D1に負けムード漂う中で、この1敗は正直痛かったです。そんな中、D2で出場した工藤・川上ペアが奮闘しました。しっかりと自分たちのテニスをし、終始 試合の主導権を握り続けました。⑥-2で勝利し、2勝1敗。勝利まであと1勝。しかし、他のコートでは D1( 中西・望月 ) 6-6 [ タイブレーク ] S3( 山口 ) 1-3  と、いずれも厳しい状況。どうにか勝ってくれと、選手を信じ続けました。(今考えると、この時の私 かなり落ち着きがなかったと思います 笑 )  そして、D1がタイブレークを制し3勝1敗として、団体戦での勝利を掴んだのです! 勝利が確定した後、S3が息を吹き返します。ストロークの安定感が戻り、強力なサーブが何本も決まるようになったのです。こうなったらもう手が付けられません。あっという間にゲームを連取し続け、
⑥-3で逆転勝利。最終的に全体の結果は ④-1での勝利となりました。


昨年度とは部活の体制が大きく変わりました。そんな環境の変化にも食らいつき、厳しい練習に耐え続けた部員たちの功績はとても大きいと思います。その頑張りが今回の大会の結果に繋がりました。顧問の私としても、非常にうれしく思います。ただ、この結果に満足はしていません。県大会出場を決めたのですから、次はその県大会で勝ち進むことを目標にし、今後の練習もより一層頑張らせたいと思います。

応援ありがとうございました!! 部員たちの保護者様や友人、先生方の支えがあってこその今回の結果だと思います。ここからまた新たなスタートを切っていきますので、今後とも応援をよろしくお願いします。


山口・中川 ペア


大出 選手


草加南応援団

0

~ 雨男の仕業? ~

こんにちは!!
今日は新人大会前 最後の休日練習とあって、十分に気合が入ってます!
そんな今日は正智深谷高・越谷西高を本校に迎えての練習試合でしたキラキラ

...が、昨晩から今朝まで雨雨が続き、時間を遅らせる事態に戸惑う・えっ どうしてこうも休日に天気が悪くなるの!! 私が顧問になってから現在まで練習試合を13回企画したのですが、うち 5回が雨で中止。
率でいうと .384  プロ野球で言えば首位打者確実ですよ!?
 ( NPBのシーズン打率 歴代1位はバース選手 [阪神] (1986) の .389  )
この数字が今後どう動いていくのか、2019年度 シーズン 目が離せませんね!!


話は脱線しましたが、練習はコート整備からのスタートでした。しかし、午前10時の段階で、コートは十分に足も踏み入れられない状況。コートが乾くのをひたすら待つ最悪な展開に。そのとき、越谷西高の村上先生から思わぬ提案が...

「越西のコート水はけいいから、うちに移動してやろうか?」

断る理由がない!! 村上先生、本当にありがとうございました!!
というわけで、練習試合は会場を越谷西高に移すことにバス 急ぎ 全員移動が完了し、コート整備を行いました。

コート整備&アップも終わり、強風が吹き荒れる中、いよいよ練習試合開始です。
越谷西高校は新人大会 東部地区本選に シングルス 4名 ダブルス 1ペア 出場という実績。しかし、惜しくも県大会出場を逃し、本校と同じく今週末行われる団体戦 東部地区予選に出場します。
( 硬式テニスの大会は個人戦で県大会出場者がいると、その学校は団体戦の地区予選が免除になる会議・研修 )
正智深谷高校は部員4名ながら、新人大会 シングルス 3名 ダブルス 1ペア 県大会出場という実績。まさに少数精鋭といったチームです。

結果は 

           [ シングルス ] 5勝3敗 [ ダブルス ] 2勝2敗 
              ( 対 越谷西 5勝2敗 正智深谷 2勝3敗 )

今日の練習試合は週末の団体戦を想定し、シングルス選手とダブルス選手を分けての試合でした。
( 新人大会 団体戦は シングルス 3本 ダブルス 2本 の計5本で行う会議・研修 )
 本校よりも実績の上回る学校との対戦でしたが、比較的よい試合が展開できていました。個人的には、越谷西高に勝ち越せたことが良かった点です。 5月に練習試合を行った際には大きく負け越していました。この 5ヶ月で部員たちがしっかりと力をつけた証だと思います。今回のように成長が結果として表れるのはとてもいいことですね!この調子で部員たちには成長を続けてほしいと思います喜ぶ・デレ

最近 部員たちがメキメキと力をつけていくのが手に取るように分かり、私自身とても楽しませてもらっています。部員たちが目標にしている団体戦での県大会出場を目指し、残りの練習も頑張らせたいと思います!

<おまけ>
今日の写真は部員に撮ってもらえました! とてもいい写真ですね 喜ぶ・デレ またよろしくお願いします!

0

~ 三連休は何する? ~

こんにちは!!
9月は2度目の三連休ですねにっこり  
新人大会の団体戦を1週間後に控えた私たちは ” 練習&練習&練習 ” です!

今日は越ヶ谷高校を会場に練習試合 ( 対 越ヶ谷高・所沢北高・都立城東高 ) を行いました。
越ヶ谷高校は8月末に行われた埼玉県国公立大会で準優勝を果たし、関東大会へ出場した強豪。
新人大会でも シングルス 5名  ダブルス 2ペア  県大会出場と、かなりの実力校です。
所沢北高校は新人大会西部地区予選を勝ち抜き、シングルス 2名 県大会出場。部員は9名と少人数ですが、番手上位と下位の実力差が少なく、非常にバランスの取れたチームです。
都立城東高校は明日 (22日) に新人大会の本選を控えている中、参加していただきました。地区予選を勝ち抜いた実力校で、都大会出場目前という状況です。

対戦する高校はどれも格上。胸を借りるつもりで、思い切っていこう!

... と思いつつも、顧問の心境は 「 部員たち今日は何勝してくれるだろうか...?」 でした 笑


結果は  [ シングルス ] 0勝4敗 [ ダブルス ] 5勝9敗 
   ( 対 越ヶ谷 2勝7敗 所沢北 1勝4敗 城東  2勝2敗 )


大敗です心配・うーん  覚悟はしていましたが、この結果は悔しいですね。
ただ、練習試合な訳ですから、こだわりたいのは試合内容!

新人大会個人戦が終わって以降、部員たちが着実に力をつけていくのを普段の練習から感じています。その成長が試合の中でも見ることができました。今日良かったのは ” 2nd レシーブ です! 女子選手の 2nd サーブはそこまで強力でないため、この際のリターンは先攻するための絶好のチャンスになります。強気で振り抜いていくのがポイントです会議・研修  

今日の部員たちはよくラケットが振れていました! フラットショットの練習を取り入れてから、部員たちに振り抜くことへの自信がついたのでしょうね喜ぶ・デレ  高く浮いた2ndサーブを迷いなく振り抜き、プレーの主導権を握る場面がいくつも見られました。まだまだ荒っぽさが残っていますが、実戦での経験は部員たちにとって大きな自信につながったはずです。今後もこの自信を糧に、部員たちにはより一層の成長を期待したいですねキラキラ


  1・2・3コート


  4・5コート

明後日 (23日) は越谷西高・正智深谷高との練習試合を予定しています。団体戦前最後の練習試合となるので、気を引き締めて臨みたいと思います絵文字:重要  頼むから台風来ないでくれー絵文字:冷や汗


<おまけ>
HP掲載用の写真をいつものように部員に頼んだら、「自分で撮ればいいじゃないですか」と断られてしまいました衝撃・ガーン( 何故?! ) 仕方ないので今日の写真は私が撮りました。
クオリティが段違いだ!!  写真苦手なんだよ...。  次回は絶対に部員に撮ってもらおう怒る

0

~ 再始動 ~

こんにちは!!
新人大会 個人戦も終わり、団体戦に向けて再スタートを切りました!

三連休 初日の今日は、杉戸高校との練習試合 ( 杉戸会場 ) を行いましたキラキラ
杉戸高校は先日の新人大会 東部地区本選を勝ち抜き、シングルス 1 名 県大会出場という実績です。

結果は  [ シングルス ] 10勝7敗 [ ダブルス ]11勝10敗 

ん~。  結果だけ見ると、互角なのかな ??
ちなみに 県大会出場した杉戸高校 中村 (②) 選手との対戦は、樋口 ⑥ー3 大出 2-⑥ ( 2-2 スタート )
でした。 樋口選手は見事に勝利 花丸 この1勝は本人にとってかなり自信になるはずです!

私から見て 今日1日の試合内容は 全体的に良かったように思います。
部員たちには大変申し訳ないのですが、試合を見ていて正直に、
「 あれ? うちの部員たち、こんなに上手かったっけ?? 」って思いました 笑
全体的にストロークが安定してましたね 了解 コースの打ち分けもよくできていました!
( 今日の試合内容だったら、個人戦もう少し勝ち抜けたかなぁ...泣く )

中でも私が一番嬉しかったのは、高い打点のショット ” フラットショット ” が試合の中で何本も決まっていたことです。このフラットショットは、ここ1週間ほぼ毎日練習で取り組んでいたショット。試合の中で優位に立つためにも、ぜひとも習得してほしいショットでした。それをたった1週間でものにした部員たちを褒めてあげたいと思いますにっこり 
( 最後の集合の際、部員たちに伝え忘れてしまった...。HP見てくれ!)


とはいえ、まだまだ課題の多い状態。団体戦までに課題を少しでも多く克服していきたいですね!
明日はOFFなので各自しっかり休んでもらい、また明後日から頑張ってもらおうと思います!!

 大出・望月 ペア

 中西・工藤 ペア

 川上・若生 ペア

ちゃっかり顧問も参加していました 笑


<おまけ>
本日お世話になった田口先生は岩槻商業に勤務していたとき、私の姉を授業で教えていたそうです。なんという巡り合わせでしょうか! 思わず話が弾みましたにっこり なんだか、世間って狭い(?) 気がしますね!

0

~ 本選2日目 ~

こんにちは!!
本日は新人大会東部地区本選2日目 ( 女子シングルス ) が庄和総合公園と叡明高校にて行われました。
草加南からは 樋口 美穂 (②) と 大出 亜佐美 (①) の2名が出場しました。
私は庄和総合公園会場に向かい、2年生 樋口の試合を観てきました笑う


1回戦目の相手は予選 15ブロック1位通過の越谷北高校 織田 (②) 選手。1位通過とだけあって、なかなか手強い相手です。試合はCコートの第1試合。サービスからの立ち上がり。前日の試合で課題となったファーストサービスでしたが、まず1本目 着実にイン。自らのリズムを作り、先攻できる展開に持っていくことができました。

1ゲーム目に冴え渡ったのは “ドロップショット” 。織田選手は丁寧にラリーを続けてくるタイプの選手で、左右の振り回しにもしぶとく食らいついてきます。そこを素早く分析し、樋口は前後の振り回しにシフトしたわけですね。とても良い分析でした。そのドロップショットが2本決まり、40-15 と早速キープのチャンス。幸先よく次のポイントも取ってほしいところでしたが、なかなか次が決まらない…。結局その後に4連続ポイントを奪われ、相手にブレークを許す形に。ゲームポイントを握っていただけに、とても痛い失ゲームとなりました。

その後はお互いにサービスキープを続け、5ゲーム終了時点で 2 - 3 。そして迎えた6ゲーム目。 樋口のプレーに変化がありました。落ち着いてコースを打ち分け、相手を徐々に崩し始めたのです。厳しいボールにもよく手を伸ばし、相手のコートへ返し続けました。落ち着いたプレーが功を奏し、この試合初めてのブレークをします。

3 - 3 として7ゲーム目。キープを続けているサービスゲームです。この試合一度も無かったリードをするチャンス。ファーストサービスをきっちり入れ、キープをしたいところ。しかし、思うようにファーストサービスが入らない…。 残念なことに昨日と同じような状況に。 相手のレシーブがそこまで強力でなかったのが、不幸中の幸い。そのまま長いラリーの展開へと移行していきました。

この辺りからショットに精彩を欠き始めます。相手を振り回そうという一心で、厳しいコースを狙い続けたのですが、結果そのショットがサイドアウトに。また、勝負を急いだか、高い打点のショットが力み、バックアウト。徐々に同じミスが増え始めます。相手のプレースタイルにハマってしまった形です。何とか先に決めてやろうという焦りもあったのでしょう。ただ、それでは相手の思うツボ。何とかこの状況から脱却して欲しかったのですが、そのままブレークを許し 3 - 4 。またしてもリードを奪えませんでした。

8ゲーム目以降 お互いに2ゲームずつ取り 5 - 6 に。なんとかタイブレークに持っていきたい状況でしたが、先程と同じミスが続いてしまいます。最終的にミスを修正しきれず、そのまま 5 - ⑦ で敗戦となりました。

昨日に引き続き、悔しい結果となってしまいました。同じミスを試合の中で何度もしてしまったことが敗因です。とはいえ、なかなかしぶとい相手でした。織田選手がここまで勝ち抜いてきた理由がわかった気がします。県大会に進むには、そういう相手にもしっかり勝ち切らないといけないんですね苦笑い


叡明高校会場で試合を行なっていた大出は、予選 6ブロック2位通過の獨協埼玉高校 笠井 (②) 選手との対戦。 結果は 2 - ⑥ で敗戦。 ただ、本人はやりきったとのことでした。

草加南は出場2選手とも初戦敗退という結果になりました。部員たちは一生懸命にやったと思います。顧問として、部員たちを勝たせてあげられなかったことが、とても悔しいです。今後は、9月28日(土) に行われる団体戦に向け、気持ちを切り替えて練習に励みます。団体戦では個人戦の悔しさを晴らしたいと思います!



部員の皆さんお疲れ様でした。団体戦に向けて、またここから頑張りましょう!!
そして、保護者の皆様におかれましては、日頃 当部活動にご理解をいただきありがとうございます。今後も厳しい練習の中で 選手として、また一人の人間として強く成長をさせていきますので、どうか温かい目で見守ってあげてください。何卒宜しくお願い致します。


 樋口 選手

 大出 選手

1枚目の写真は部員の中川に撮ってもらったのですが、すごくよく撮れていますね!

0