こちらでは日々の様子や連絡などを掲載しています

2017年11月の記事一覧

大使館発!世界がわかる授業~ブータン大使館~

本日の1年生の総合的な学習は、「大使館発!世界がわかる授業!~ブータン大使館~」の授業を実施しました。
講師として、ブータン王国名誉総領事の徳田ひとみ様と領事補佐の鈴木陽平様にお越しいただき、 「ブータン王国から学ぶ幸せ~私たちの生き方~」 のテーマででご講演いただきました。

スライドを用いて話をしてくださいました。生徒も興味深々な顔つきです。

質疑応答では、さまざまな質問をしました。丁寧にお答えいただきました。

生徒代表によるお礼の言葉も、講演の内容をしっかりととらえて感想を述べていました。

ブータン王国について知るだけでなく、大使館員の仕事や大使館で働くためには
どうしたらいいかなどについても知ることができ、視野を広めることができました。
振り返りシートを見ると、メモ欄がびっしりと埋まっており、しっかりと話を聞くことが
できたことがわかります。
今回の授業を通して、幸せとは何かについて考えるきっかけをいただきました。
今後もあらゆることに感謝の気持ちを持ち、人に優しくなれるだろうと思います。

公開研究授業を実施しました


 11月10日(金) 未来を拓く「学び」プロジェクト 公開研究授業を実施しました。


3時限 国語総合 土佐日記「門出」
<授業のねらい>

・男性の漢文の日記に対して、仮名で日記を書いてみようという貫之の思いつきが虚構を生み出した。
・女性の立場で「土佐日記」を書いた意味を考えさせ、そこから
文学における事実と虚構の問題についても関心を持たせたい。


5時限 総合英語 
Lesson5 "gr8" or great? 
<授業のねらい>

・教科書本文にも載っている「新型言語いついてどう考えるか」という問いに対して、様々な意見を取り入れながら、また自分の経験と結びつけながら、自分の意見を英語で表現する姿勢、技術を身につけさせたい。


6時限 音楽
 歌唱「さとうきび畑」
<授業のねらい>

・楽曲の背景や作者の思いを、自分たちで考えながら演奏する力を身に着ける。

・自分の考えを相手に具体的にわかりやすく伝える力を身に着ける。

・仲間の演奏や自分たちの表現の変化や違いに気が付くよう、聞く力を身に着ける。

・題材が変わっても、やり方を応用しながら自分たちで考えていく力を身に着ける。




紀貫之はなぜ「女性」の立場で日記を書いたのだろう?
 



What do you think about special forms of language ?

                

ざわわ ざわわ ざわわ の意味は?

さとうきび畑は、どうしてできたの?


 研究協議会には、他校からおいでいただいた先生方にも
御出席いただきました。ありがとうございました。